頭頂部が薄いのはAGA!?男性の悩みで多い「AGA」とは

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

頭頂部が薄くなる症状、この原因はAGAである可能性が高いです。
そもそもAGAとは男性ホルモンが大きく関係する症状です。男性ホルモンの亜型とも言えるDHTが過剰発生することでヘアサイクルが乱れ、薄毛が徐々に進んでいきます。初期の段階で治療することで、スムーズに治る可能性が高いです。ヘアサイクルとは髪の生え代わりのことです。髪がどんどん伸びる成長期、成長が止まる退行期、抜け落ちる休止期の3つにわかれますが、AGAの場合は中でも成長期が短くなっていくことで薄毛が進むといわれています。
頭頂部が薄い男性はまずAGAを疑っていいでしょう。それに加えて兄弟や両親、祖父なども薄いとしたらその可能性はますます高まりますので、適切な治療が必要です。頭頂部がまだちょっと薄いだけだから大丈夫と考えるのは間違いです。症状がひどくなって毛根すら消滅してしまうと、いくら現代の医療をもってしても髪が戻ってくることはありません。少しでも気になったらその時が始め時ですので、早急に対応しましょう。専門クリニックはこちらから探せます→ 福岡にあるAGAの病院
治療法としてはプロペシアとミノキシジルの併用が一般的です。前者でDHTの過剰発生を抑えて、後者で発毛を促すといった仕組みです。AGAの治療は保険が使えないのでそれなりのお金が必要になりますが、頭頂部が気になるなら今のうちに治療を始めた方がいいでしょう。ただ、この種の治療は一旦始めたらやめられないという問題があります。原因がDHTの過剰発生なので、それをどうにかしないといけません。ただ、今のところとりあえず薬で抑える方法しかないので、過剰発生を抑えるには薬を飲み続けないといけないわけです。またミノキシジルにも問題があります。育毛剤など外用薬ならまだいいのですが、もともと降圧剤として利用された過去があるので、タブレットに関しては血圧が急に下がったり、頭痛を引き起こす可能性があります。通販でしたら個人でも入手できました、副作用の心配があるために簡単に手が出せない問題もあります。

Comments closed